パーソナルカラーがやっと分かりました

こんにちは、前の更新から少し経ってしまいました。
今回はタイトル通り、やっとパーソナルカラーが分かったという話題です。
え、今まで迷子じゃなかったんです?となるお方も多いと思いますが、いやほんとに迷子でしたよ*1
というわけで今回は発覚するまでの経緯を記していこうかと思います。
今回年単位かかったので大まかに工程書いていく方向にします。

 

  • 最初はCOVERMARKのファンデーション選びの診断

時期:確か5〜6年前
最初はCOVERMARKのファンデーションを買おうと店頭に行くという些細なきっかけでやりました。
そして当時の診断ではイエローベースと出たのでそうなんだと思い、そのまま購入し使うようになりました。
そしてこの頃からパーソナルカラーっていうものがあるんだなぁという淡い認識に。

  • 化粧品買うときに似合う色をひたすら選んでもらう

時期:4〜5年前から現在まで
そしてこれに関してはパーソナルカラー(仮)を気にするようになってからはBAさんに色を選んでもらう形で買うようにし、そこから似合う色を探っていくようにしてました。すると割とどのブランドでも

  1. 深みのある色が薦められる
  2. 青と緑は一切薦められない

という共通点を見つけ、そこからブルーベースではない?とほんのり思い始めてました。

  • IPSAの判断でイエベ秋だなぁとなる

時期:2年前
そして洗顔とクレンジング対策としてフラッとIPSAに行って診断を受けに行きました。この時顔の水分量のなさに愕然としてそちらに気を取られてましたが、色味の結果がイエベの秋の傾向が出て「ああ、そうなんだー」とここでなりました。
機械で出たらそうだと思ってしまいますよね、私もそうでしたこの段階では。
念のため後日他店舗でも試しましたが*2、同様の結果が出たのでそちらの傾向に合わせて買うようになりました。

  • 違うかも?と思ったきっかけは意外なところ

時期:昨年
そして違うかも、と思うようになったきっかけが昨年の春に出会った、というか買うようになった洋服のブランド、ESSEN.LAUTREAMONTの受注会での出来事でした*3
今季の春夏のアイテムを先に予約させて頂けるとのことだったのですが、デザイナーさんとも仲良い身なのもあり「似合うの選んであげるわー」と言われるがままに選んでいただいてました。
そしてここで、

 

あれ、何か紺とかグレーが多いぞ???


今期割とそういう色が多いとはいえ、むしろもう少し鮮やかな色が選ばれるかと思ったらむしろダークなカラーが多くなっていたのです。
流石にこれにはおや?となりまして、もしかしてなぁ…と自分のパーソナルカラーに疑惑の念を抱くようになりました。
そして一番手っ取り早い方法が浮かんだので、それを実行してみることにして次、というか最後の項目になります。

 

  • 信頼性しかないBAさんに話した上で選んでもらったらビンゴ!

時期:今年
と言うことで行なった方法が「本当に心の底から見る目のあるBAさんに相談してみよう」でした。
私の場合はSUQQU某店舗のお方なのですが、前々から似合う色は勿論、「え、これも似合うんだ!」といった色を薦めてくれる素敵なお方でして*4
そして先日の受注会での出来事を話したところ、「もうほぼブルベ冬ですよ」と即答、予想通りすぎて爆笑でした最早。
思えば昨年のクリスマスコフレも赤の112の方絶対選ぶと思ってたーと店舗のBAさんに言われてたのをふと思い出した時点で「フラグはあったんだ…」となってたら、BAさんに更に一言。

 

「他のパーソナルカラーのお色味も似合うタイプなので、ある意味ラッキーなお肌ですよ」


「え、それどういうことです?」と更に聞いたら、本来のパーソナルカラーに加えて他のパーソナルカラーでもいけてしまうパターンも稀にあるようでして、私自身まさにそうなようです*5
現に昨年のコフレで例えると本来なら似合わないはずのイエベ秋なTHREEのものが似合ってたのがいい例かもしれません。

と、以上がまさかの形でパーソナルカラーが発覚した経緯です。
ということでここからは今回の記事を書いていて思ったことをここから書いていこうかと。

 

①パーソナルカラーは年齢で変わることは本当だった
本当に年齢を重ねるとベースカラーが変わることがあるんだなぁということです。
自分のように最初はイエベだったのにブルベだったというパターンも少なからずあるんだなぁと身をもって証明したわけですが。
最初COVERMARKの時ミスったのかなと思ったんですが、その前後の大きな違いとしてボディケアをガチでやるようになった点*6もあるので、それで肌のトーンが変わったというのもあるかもしれません。
とりあえず割と一回やってこれだ!という風になるよりも、メイクがちょっと合わなくなってきてる?となってきたらやったりこういう感じに調べたりするといいかもしれません。

②信頼できるBAさん及びお洋服屋さんの店員さんがいると本当に楽
次は信頼できる店員の方と出会うと本当に楽、と思ったことです。
今回の記事の通り、パーソナルカラーを見つけられるきっかけをくれたのが正しくよく行く店舗の方々でした。
私は幸いよくお世話になっているブランドの方々皆さんいずれも「押し売りを一切せず、似合うものしか勧めてこない」というスタンスの方々なので、そういう意味でも今回のように見つけられたのかもしれません。
あとどれが似合うか分からない時はもう潔く「どれがいいですかね…」と正直に相談するのも一つの手です。

思ったことは以上の2点です。
とはいえパーソナルカラーを見つけるならカラー診断受けるのが早いに限ります。
が、予約が取れずに頭抱えていた私のように些細なきっかけで見つかるもありますし、こんなパターンもあるのだな、という意味でも緩く参考にしていただければ幸いです。

*1:診断してもらおうとしたら行きたいところがいつも予約まみれだったんですよ…

*2:たまたま都内ではなく名古屋とか関西とかでした。行く機会あったので

*3:金を落としてるとこういうのにも呼ばれるようになるので徳はするもんです

*4:そして逆に似合わない色は「これは似合わないです!」とスッパリ言う人です。彼女に限らず店舗全員そんな感じなので本当に信頼出来ます

*5:私が本当に似合わないのは深みのない緑と青のみと教えてくださいましたので、それ以外はほぼいけるようです。

*6:APIVITAと出会ったのが確か6年前だったので割と大きいポイントかなと

メイク直し事情(201801現在)

こんにちは、前回は自分の欲しいものについてうだうだ書いていただけだったので、今回は実用的(?)な内容を書こうかと思います。
テーマはタイトル通り、メイク直しについてです。

このテーマで書くに当たってまず中の人の肌事情を説明します。
中の人はインナードライ肌な上にホルモンバランス的なものが割と崩れやすい体質なので吹き出物がある時期とない時期の落差が非常に激しいです*1
なのである程度は隠せてなくても仕方ないなぁと若干諦めというか、悟ったというそんな人によるメイク直し事情ということを前提にお読みください。

と、いうわけで前提もお伝えしたところでまずそもそものポーチやアイテムをどんなの使っているのかをお見せした方がダントツ早いと思うので、まず諸々お見せしますね。

 

  1. ポーチは入れる量によって決めてます

まずはポーチがこちら。

f:id:satomiy:20180107193740j:plain

こちらはいつぞや仕事を辞めた時に頂いたポーチで、なかなか小型で使いやすいです。
小さめのバッグの時は大体こちらを使っておりますが、プラスα入れる時は下にあるCONVERSE TOKYOのポーチにほいほい入れるようにしてます。
いずれも家で洗える素材*2なので、清潔感を保つ意味でもキャンバス地などのポーチはおすすめです。

 

  1. 中身は限りなく小型化

そして中身ですが中身はこういう感じに入れています。

f:id:satomiy:20180107193907j:plain

①ヘアピン
②リップブラシ
③その日のリップ
④その日のチーク
⑤コンシーラー
⑥プレストパウダー
 
え、これだけ?と思われた方が大半と思いますが、本当にこれだけです。
久々に見直しましたが、我ながら本当に少ないな!?って思いつつアイテム別に解説します。
 

①ヘアピン
髪切る前はこれがヘアゴムだったのですが、今はワンレンボブになったので前髪固定したりちょっとアレンジしたい用に入れてます。
といっても髪質的にあまりアレンジ出来ないので超簡単なアレンジですけども*3

②リップブラシ
こちらは購入したものではなくDIESELノベルティで、確か熊野筆のものなので、ガチで良いやつです*4
リップ、グロス共に直塗りではなくしっかり塗りたいという時に使うようにしています。

③その日のリップ
この日はSUQQUのエクストラグロウリップスティック08のみです。

エクストラ グロウ リップスティック|SUQQU [スック]

リップとグロス、もしくはリップ、グロスいずれかのみといったパターンとその日によってだいぶ変わります。
元々唇の色が濃いので下手に薄い色だと全く意味を成してくれないので、毎度毎度薄い色でも発色する唇に生まれたかったと思う日々です。

④その日のチーク
この日はTHREEのエピックミニダッシュ02です。

www.threecosmetics.com

チークは帰る直前にちょっとつけれる用に大体スティックタイプ、グロスタイプ、練りタイプのいずれかを使います。
パウダーのみの場合はその上から塗って相性のいい色、もしくは限りなくその色に近い色を持っていくようにしています。
リップの混色はよくありますが、割とチークもそういう意味では混色できるので面白いなぁとなっています。

⑤コンシーラー
多分一番ここに「!?」となったと思われますが、私はファンデの代わりにIPSAのクリエイティブコンシーラーEXを持ち歩いています。

www.ipsa.co.jp

ファンデ大きいし持ち歩くの面倒臭いなーと思っていた時に、ふとどこが崩れてるかを見直したら割と部分的だけしか崩れていなかったので「じゃあコンシーラーでいけるか!」となりこのスタイルになりました。
とりあえず塗り方は後ほど書きますね、といってもほぼ公式通りの使い方ですけど。

⑥プレストパウダー
そしてある意味仕上げ的なものと言えるパウダーですが、今はSUQQUのフェイスアップブライトパウダーを使っています。

フェイス アップ ブライト パウダー|SUQQU [スック]

パウダーもファンデによって変えており、いつも同じものでもないので今回"今は"という書き方をしています*5

という感じに以上6点を基本にポーチに入れており、アフター5でメイク変えたい時はこれに加えてアイシャドウやアイライナーが入るといった感じです。
以前はフルメイクセット持ち歩いていたんですが、コンシーラーのところでも書いた通り崩れてるところは一部分だけだとわかった瞬間即やめました。
そのせいでバッグ大きくしたくないし、重くしたくないですしね。
では次にどうやって直しているかを書いてこうかと思います。

  1. 直すのはあくまでも部分的に

というわけで直し方ですが、こちらも割とパパッと済ませるようにしています。
順番的にはこのような感じです。

ティッシュで皮脂とかを軽くオフする
皮脂すごい出る割に肌の水分量がやばいと言われるインナードライ肌だと発覚して以来脂取り紙 *6を使わないでティッシュで軽くオフするようにしています。
これでも十分にテカリはオフできますが、無理なら水分量と皮脂量と相談して調整していただけると幸いです(私はこれで十分いけるタイプです)。

SUQQUのセンティッド ハイドレイティング ミスト WTを軽くかける
次はメイクを直す前に水分を入れるためにミストタイプの化粧水を軽く顔にかけてます。
そしてこれも例のごとくSUQQUのものを使っています。

f:id:satomiy:20180107194658j:plain

センティッド ハイドレイティング ミスト WT|SUQQU [スック]

こちらはとにかくミストが細かくて香りがいいのが素晴らしいです。
ミストが細かいことでかけすぎた!ていうのがあまり無く済むのでこれで大分気が楽になります。

⑶コンシーラーでそれぞれポイント的に直してからブラシを使ってパウダーを軽くのせる*7
ということでメインの直す部分ですが、大体こんな感じに使っています。

 

f:id:satomiy:20180107194837j:plain

①目の下用
②鼻及び鼻周り用
③口周り及び顎周辺用
崩れるポイントはほぼほぼこの①〜③の部分なので、それをカバーできるようにとコンシーラーの筆を使って直したい部分に少しだけのせて指でのばすようにしています。
割とこれでも十分にファンデ同様の役割を果たしてくれるので、メイク直しもかなり気が楽になりました。
そして仕上げに④のパウダーを使うのですが、パウダーもパフではなく別売のブラシ*8でのせます。
このようにポイント毎に直した上でパフではなくブラシで直すことで軽く済ませるようにしています。
一応参考までに書いておきますが、パウダーは確か買ったのが昨年秋くらいです。本当に減らない。
中の人の肌質的に厚塗りにしてしまうとテカるんですよね、逆に。

⑷リップを塗ってから一応またミスト
リップはパウダーをのせた後に直すようにしてますが、たまに忘れて先にやったりしたりしてるくらいなのでその辺はその日の気分次第でいいと思います*9
そしてここはその日によるんですが、最後に⑵で使ったミストを軽くかけます。
え、また?と思われる方も多いと思うんですが、行く場所の乾燥度合いがどのくらいかでその辺は決めています*10

といった感じで直しています。
とりあえずこういう直し方もあるんだなぁというのと、ポーチってこうすれば小さくなるんだという風に思っていただけたら幸いです。

*1:ちなみに今は怠惰極まりない生活をしていたので吹き出物ある方です

*2:いずれも石けんで落とせます

*3:猫毛ではないんですが柔らかく、コテで髪が巻けないタイプの人間です

*4:しかしこれ貰えるまでいくらDIESELで服を買ったのかとかはあまり考えないようにしたいもんですね…

*5:今はSUQQUのソリッドファンデを使っている上でBAさんと相談の上でこの組み合わせです

*6:そして使われなくなった脂取り紙はメガネ拭きへとクラスチェンジしました。汚れが落ちるって闇の末裔の巽さんが言ってたんですがその通りすぎて震えた記憶

*7:チークを入れる時はパウダーの前に入れてます

*8:SUQQUので確か1000円くらいだった気がします

*9:急いでいると特にやりがちです、急いでると

*10:今のオフィスが最強に乾燥するのでむしろかけないと肌がドロドロになっちゃうのですよ

気になる新作2018SS

ということで初記事はこちら、気になる新作についてです。
今季さまざまなブランドが色々な新作をリリースしますが、特に個人的に気になったブランドについて書いてこうかと思います。
 
  • SUQQUはチークが確実にやばいぞ
ということでまずはある意味二大最推しブランドの片割れことSUQQUの新作についてです。
今季も相変わらず素晴らしいラインナップで一番楽しみにしているわけですが、まず各美容関連メディアの情報を見ていて思ったのがタイトル通り「チークがやばい」です。

www.instagram.com

注目したのはもちろん、ピュアカラーブラッシュの09 彩陽炎 AKAKAGEROUだったわけですが、いやほんとなんすかこの色!
シェーディングでももちろん遊べるし、アイシャドウベースとかでも色々できるとさまざまなメイク法の妄想を掻き立てられる素晴らしい色です。
しかしそれと同等に限定色の109 金彩 KINDAMIもなかなかに良いピンクで、昨年販売された時以上にバリエーションが広くなった印象が強いです。
こういう色作れるんだ!という意味でも今回の新色、挙げた二色は買うと思います。


あと他のアイテムで特記することといえばデザイニングカラーアイズでしょうか。
限定色の114 花明 HANAAKARIを見てこれまたびっくりしました。

www.instagram.com

正直SUQQUってこんなピンク作れるんです?!と思わず行きつけの店舗の担当BAさんに言ってしまったんですが、 BAさんも同様にびっくりしたとのことです。皆リアクションは一緒。
そしてこの色味どんなものか聞いたらADDICTIONのMiss you more以上のラメでなんだって…!となったので多分購入する未来が見えます*1
そして定番色2色でも超定番とも言えるイエローブラウン系な08 光焦 HIKARIKOGAREと、これまた上品に仕上がるアイシーグレー×ムーンシルバーな09 涼月 RYOUGETSUという昨年販売した色からは想像できない二色が決まっていて気合の入れっぷりがすごいなぁとなってます。
私個人的に未だ似合うブルー系とグリーン系に巡り会えてないのでこれで似合ったらチャレンジしてしまうかも!となりつつ様子見になる気がします。

あと今回購入しない予定ですが、初リリースのグロスとエクストラグロウリップスティックでゴールド系を押さえているのが意外でした。
だいたいデパコス発祥からのプチプラで作られるという流れだったのに、まさかの逆転現象が起きているという意味で面白い流れになっているとなりました。
押さえるところを押さえているという意味ではSUQQUの商品開発の方のアンテナは非常に敏感なのだと今回の新作でよくわかった気がします。
 
次に二大推しブランドのもう片割れことTHREEの新作についてですが、やっぱり気になるのはマットでもグロッシーでもないと話題のリリカルリップブルームです。
パッと見た感じ非常にTHREEらしい発想のアイテムで面白そうだなぁとなってます*2
もし購入するなら02 LIFT YOU UPか06 SONG OF LIGHTのどちらかになるかと思いますが、いつも以上に試したいと思っていたりもしています。
というのもタイトルにある通り、リリカルリップフィルムというフィルムを使うとティントのようになるという情報があったからです。
個人的にリップの上にという形でつけることが多いため、そういう用途で使うことを思うとリップ→グロス→フィルムという順番の方が用途的にも合っているのか、フィルム込みで買うのがベストではないかという風にふつふつと考え始めています。
とりあえずまずはTUしなければですね、どういう質感か次第ですし。
 
  • ADDICTIONはpHのリップとチークにホイホイされそう
次はpHリップ難民だった私的にこれは!となったのがADDICTIONのこちら。

onlineshop.addiction-beauty.com


2/2発売とまだまだ先のリリースですが、とうとうADDICTIONでも出してくれますねpHリップ。
濱田マサル氏プロデュースのMA・LIPでpHリップの面白さと日常メイクで非常に使えるという点に気づいて以来*3、さまざまなブランドでリリースされる度に実はチェックしていましたが、しっくりくるものがなかなかなく買えず*4
しかし先日発表されたのを見てこれは日常用に良さそう!となれる色味だったので、早く試せる時期にならないかしらとワクワク待っている今日この頃です。

あとそろそろ手を出そうと思っていたチークがまさかの一新されて笑うしかありませんでした。

www.instagram.com

前の何倍ですかこの色の量!全色買いしたくなるじゃないすか!
となりつつもふとADDICTION自体元々ショーだったり舞台関連で活躍されているメイクアップアーティストのAyakoさんがプロデュースしているんだから、これくらいの色展開はむしろ必要だったんだろうなぁともなってもいます。
しかしハイライトとシェーディング用の幅広さはおそらくトップレベルになったのではないんじゃないかなぁ、ここまで色展開いいブランドってそうそうないですしね*5
 
  • Celvokeのリップは9番より11番ですよ
店舗ができた時すごい人だかりだったっていうイメージしかなかったCelvokeも無事大丸東京店ができて以来安心して覗けています。
instagramやメディア関連見ていると、割とディグニファイド リップスの9番が気になってる方が多いですね。
ただ、冬カラー(と言われている)な身としてはあのオレンジって死ぬほど似合わないんですよね
なのでタイトル通り深みのあるレッドこと、11番の色がすごい気になっています。
GIVENCHYとかでもなかなか見ない深みあるダークレッドですね。
この色味は黒髪でモードなファッションの時に合わせる時には最適な気がします。
もう買う!となっているレベルなのでそろそろTUしに行きたいんですが、いつも忙しそうなのを見て遠慮してしまっているので、そろそろ初Ceivokeを決めたいところです。
 
  • YSLのカラーマスカラはレイヤーさんにとっての救世主では
そして最後はよく音楽系のフェスに行ったりする人やコスプレイヤーが周りに多いオタク故の話題ですが、今回YSLのカラーマスカラの色味的に非常に良さそうだなぁという話題。
昨年M・A・Cが限定で出したカラーマスカラもなかなかにコスプレなどをされる方々にとって良いアイテムだったなぁと思いつつ見ていたのですが、今回のYSLの色味もなかなかに良いなぁとなっていました。

www.instagram.com

特にこのピンクとブルーがRMKとかで現行販売されている色と差別化できていい気がするんですよね。
結構マスカラの色を変えるだけでもテンションがあげられるのでそういう意味でもカラーマスカラってかなりオススメです。
私もそろそろ赤とかが欲しいんでどっか出してくれませんか*6


とりあえず現状今気になっている新作はこの辺です。
今季も本当頭抱えるレベルで欲しいものがあるのですが、購入時最優先するべきポイントは「まず似合うものであること」なので、だいぶ絞れそうな気もしますけどね。
何かしら購入したらinstagramとLuLucosでレビューを軽くしたのちにこう攻略したいっていうのをここに書いていきたいと思います。

*1:多分ラメ好きの方は購入しないと後悔レベルとのことです

*2:チャクラとか関連付けている点込みでそう思っています

*3:体調を見るのも込みで結構使えるんですよpHリップって

*4:GIVENCHY良さそうだったんですが予想以上に赤くなって泣く泣く諦めました

*5:あってもshu uemuraくらいじゃないかな…

*6:ANNA SUIが出してた赤のカラーマスカラが理想だったのに廃番になってしまったのが…

ということで始めましたコスメブログ

初めましてこんにちは、satomiyと申します。
普段はinstagramにいる者です。

こちらではinstagramで書けないような日々の対策法だったりこれをこう使ってまーすといったようなニュアンスの長文をメインに書いてこうかと思っています。
あとこうしたことで色々改善しましたといった手助けにもできたらなぁというニュアンスの記事も書く予定です。

とりあえず自己紹介はこちらに記しておきます。

 

satomiycosme.hatenablog.jp